トランプ米大統領は5日、ホワイトハウスでの記者会見で、シリアで化学兵器が使われ、多数の死傷者が出た問題について「人類に対する侮辱で、(シリアの)アサド政権の凶行は許容できない」と述べ、アサド政権を強く非難した。

 そのうえで、「シリアとアサド大統領に対する私の姿勢は大きく変わった」と述べ、対シリア政策を見直す考えを示した。

 トランプ氏はイスラム過激派組織「イスラム国」の掃討を進めるため、アサド政権やその後ろ盾となっているロシアとの連携を模索してきた。今回の発言はこうした戦略を転換し、より厳しい姿勢で臨む方針を示したものだ。

 トランプ氏は「子供たちへの攻撃は私に大きな衝撃を与えた。(アサド政権は)越えてはならない一線(red line)をいくつも越えた」とも指摘した。

読売新聞 4/6(木) 12:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00050087-yom-int

コメント一覧
越えてはならない一線をいくつも越えた

あんたと同じだと思うの^^
有色人種は人間じゃないと思ってるんだろ?
でないと民間人を殺しまくったりはしない。
トランプ支持率最低、白人男性が逃げ出して
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7331.php
遺憾の意砲発射
シリアって白人(に近い人達)も多そう。
シリアはお前の意向を

忖度したんだよwww
一線をいくつも越えたでもなにもしないよ
だってアフリカに興味はないからねHAHAHA
シリアは少数シーア派がスンニ派やクルド人を支配している国だから、
化学兵器を使用した攻撃にも抵抗がない。
この戦いは、皆殺しがあり得る宗派戦争だ。